トップメッセージ

社長メッセージ

私、鳥巣秀幸(とすひでゆき)は新社長として小林元会長の意志を引継ぎ、広い意味での新エネルギー分野を牽引していくエンジニアリング企業を目指し、エネルギーと環境問題に貢献して参ります。
日常業務においては、継続的に「質の高い仕事をしていく」ことを今まで以上に意識して参ります。質の高い仕事を常に心がけることが、当社の基本方針であり、当社が第一目標とする「社会貢献」が実現できると考えております。また従業員とその家族が幸せであることを願っています。
これらが実現すれば正しい企業活動ができると確信しています。
これからも何卒変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 鳥巢 秀幸

元会長メッセージ

~新しいエネルギー社会の実現に向けて~

世界のエネルギー事情は、大きく変わろうとしています。
東日本大震災による原子力発電所の事故により、太陽光や風力などの再生可能エネルギーが脚光を浴びていますが、エネルギーの安定性については大きな課題があるのが現状です。また、温暖化の関係で世界的に石炭火力発電所の運転が問題視されています。新エネルギーの取り組みは、産業界においても待ったなしの状態です。
化石燃料、太陽光及び風力等の色々な一次エネルギーを二次エネルギーの水素に変換し、エネルギー供給の安定性を得ると同時にエネルギーの効率的な使用により、地球温暖化をストップさせる事が産業界の使命です。今、日本はその先頭を進んでいます。しかし水素エネルギーの普及には、技術やコストなど解決しなければいけない課題がまだ多くあります。
大日機械工業㈱は早くから日本の新エネルギー社会の実現に向けて取り組んできました。その歴史は80年代に遡ります。1983年にバイオガスを原料にした水素製造装置の開発をはじめ天然ガスを原料とする水素製造装置を開発してきました。
また、2013年度には太陽光や原子力の熱を利用して水から水素を直接作る連続水素製造試験装置を「国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構」に納入しました。
化石燃料だけではなく、様々なエネルギーを水素にすることにより安定したエネルギー供給と地球温暖化の防止に技術力で貢献したいと考えています。
「情熱と勇気と知恵から新たな創造を」という経営理念のもと、これからも積極的に大日機械工業㈱は取組んでいきます。

元取締役会長
(小林雅弘会長は令和元年8月21日、肺炎のため永眠いたしました)